偉業を達成した陰には

リオオリンピックの男子柔道66キロ級で海老沼選手が見事に銅メダルを獲得しました。最後の3位決定戦では、豪快な背負い投げを決めて勝利したのですが、海老沼選手は悔し涙を流したのです。それは金メダルを取れなかったからです。彼は世界選手権では3連覇を果たすほどの強者で、金メダルには手が届く位置にいたのです。ですがその彼でさえ、金メダルを手にすることができなく、それは気持ちでの部分で負けたからだと言っています。強さでは申し分ない海老沼選手ですが、プレッシャーなどのために本当の力が発揮できなかったようです。
しかし海老沼選手はそういうなかで銅メダルが取れたのは妻の応援や支えがあったからだと、奥さんに感謝の言葉を述べていました。夫婦で支えあって獲得した銅メダルは二人にとってとても良い思い出になると思います。この海老沼選手の話をテレビで見ていたときに、そういえばイチロー選手も同じようなことを言っていたなと思いました。イチロー選手は3000本安打を達成したことに対して、チームメイトがとても喜んでくれたことに感謝の意を示しています。それらのことから、イチロー選手もチームメイトの応援などによって精神面や気持ちを維持できたものだと解釈しました。ですから、偉業を達成している陰にはいろいろと支えてくれるものが存在するのだなと、改めて知った次第なのです。甘くないから飲みやすいダイエットサプリです

カレーに使うチーズを買ったのですが…

ネットの食料品の通販で、他の食材と一緒にピザチーズを購入したのですが、一般的なサイズのものではなく、業務用の物だったと、届けられてから気付きました。
これはうっかりしてました。
まあクーリングオフしてまた別のを買うのも面倒というか、楽しみにしてたのでまた送られて来るまで待つのも嫌なので、ちゃんと使います。

買ったのはピザチーズですが、使い道はカレーです。
ドリアの容器に熱々のご飯とカレーをよそって、一面埋め尽くすくらいたっぷりのピザチーズ。
カレーの熱で溶かすのもいいですし、オーブンで焼いてカレードリアにするのも香ばしくて良いんですよね。
やっぱりカレーと言えばチーズ、チーズといえばカレーです。

しかしピザチーズはいつもより多くあるので、いつものチーズカレーより多く乗せて見たんですが、全然減りませんね。
多めに使うことにしても確実にチーズが無くなる前にカレーがなくなりますし、色々意識して使う必要あるかもしれません。
まあチーズも発酵食品ですし、最悪賞味期限が多少切れても大丈夫だとは思いますが。サプリとダブルのパワーで育毛への効果を実感しました

ペットが可愛そう、小学生の対応

私の家の近所でたまに見かける小学生のことです。
子犬を連れて散歩をしているのです
この小学生に会うたびに、嫌な気持ちになります。
どうしてそんなに嫌な気分になるのかと言いますと、
子犬に首輪をしてリードで繋ぎながら散歩をしているのですが、
子犬の事などそっちのけで携帯ゲーム機を持ちながら、必ずゲームをしながら散歩しているのです。
子犬の方には全く興味を示しません。
ただ、リードを自分の腕に巻きつけて、自分は両手で携帯ゲーム機を持って歩いているのです。
子犬が可愛そうでなりません。
ペットである愛犬と戯れる事もなく、自分はゲームに没頭している小学生の姿を見るにつけ、
この子はろくな大人にならないだろうなーと想像します。
一つの事に集中できない。
何かに集中することなく、ながらで複数の作業をしようとする。
ペットという家族と言っても良い動物に愛情を注がない。
道路を歩いているのに、他者への意識がまるでない。
私は個人的に集中できない人間が好きではありません。
子犬を散歩させるなら一緒に楽しく散歩するべきでしょう。
ゲームがしたいのなら、家の中でやったらいいでしょう。
この子は何も成し遂げられない、自分勝手な大人になるだろうと想像しています。
親は何の為にこの子に子犬を散歩させているのか?ロスミンローヤルの効果の高さには驚きました

一本にこだわってこそ日本の柔道

連日リオデジャネイロオリンピックをテレビ観戦しています。
悲喜こもごもありますが、日本人選手の皆さんは本当に頑張っておられると思います。
4年に一度の大会での一発勝負にかける人たちの熱情には、本当に感動します。
ところで、日本のお家芸と言っても良い柔道にはいろいろ考えさせられる事があります。
一本で勝利できれば良いのですが、そうで無い場合はポイントで勝敗を決するので、
時間をかけたり、逃げたり、姑息な闘いが目立ちます。
ポイント制が柔道だと認識している世界の人たちにはそれで何が悪いのかと言うことなのでしょうが、
柔の道としてとらえる日本人にとっては、とても違和感があります。
日本人柔道選手の皆さんも本当に頑張っていますが、姑息な闘いをする外国人選手に手を焼いている印象です。
多くの皆さんがメダルを手に入れていますが、金メダルの数が伸びません。
ひとえに国際化したポイント制柔道の結果だと思います。
こうなった以上はポイント制に徹する柔道に変わるという選択肢もあるのでしょうが、
私は、日本柔道はあくまでも一本を目指す潔い柔道でいて欲しいと願っています。
これぞ日本のお家芸だと思いたいのです。
スポーツの世界も、他の世界と同じく、進化します。
ルールが改定されていく事は仕方のない事。
でも、日本発祥の柔道は、柔の道らしく一本に拘ってこそだと思います。体調管理のためにアルコールをセーブしなくても大丈夫です

スマホに夢中な人々について

スマホはすごく便利だ。電話やメールはもちろん、動画を見たり調べものをしたり、ゲームをしたり本を読んだり、したいと思ったときにすぐやることができる。ほんの10年前まではみんなガラケーしか持っていなかったのに、今やガラケーは少数派だ。携帯にそこまでの機能を求めていない人はガラケーで十分だろう。もしくは機能がありすぎて、まるで小さなパソコンのようで使いこなせないから使えないという人もいるだろう。私の母がそれだ。私自身、ラインがガラケーでは使いにくいという理由でスマホを手放せない。他のものは正直なくなってもすぐに困ることはない。というより私は外に出たとき、あまりにも多くの人がスマホに夢中になっているのがなんだかさみしい。もっと景色を見ればいいのにと思う。最近一番さみしいと思ったのは、帰宅途中の男子高校生3人が全員スマホを見てたことだ。お互いに顔も見ないで。友達と帰っているのにそれで話ができているのか。できているのかもしれない。彼らにしかわからないが、私としては便利なものが出てくるのはありがたいし、頼もしいが、一方で大切なものも失ってしまっている気がする。